フレッシュ・ブラッド|サスキア・ニスロウの激しくも繊細なセラミック

芸術としての陶芸は、1950年代後半に抽象表現主義者たちが陶芸というメディアを機能的な必然性から解放しようと努めたことで、人々の意識に定着しました。やがて、1980年代から1990年代にかけてのコンセプチュアル・アーティストたちの手によって、陶芸はその歴史的に古い技法や素材への探求へと移っていきました。そして今日、そのような経緯を経て、現代のアーティストたちは、陶芸の爆発的な広がりの中で、粘土や釉薬の実験を行い、陶芸の原子をつつき、新しい美学や感傷性を生み出しています。

サスキア・ニスロウ自身、このような爆発的な作品を生み出しており、今回の記事の文脈で最も顕著なのは、ホラー陶器の彫刻や食器のシリーズです。 

  • 「ホラー・イメージの媒体として陶芸を意識的に選んだとは言えないと思います。むしろ、様々な理由(粘土の予測不可能性、熱による変形の仕方、官能的な体験を捉え保存する方法、釉薬を混ぜるというほとんど錬金術のような体験など)から、一般的に陶芸というメディアを選んだと言った方が正確かもしれません。" そして、私が最もよく惹かれるイメージやモチーフは、少なくとも少しホラーな傾向があります。

前述のおぞましいイメージには、頭の半分だけがくっついた白い釉薬のかかった自虐的な人物、互いの皮を剥ぐ両手、中に鋭い齧り歯が入ったティーカップ、黒い釉薬のかかった腐った果物などがあり、これはニスローが選択したもの:

「自然も身体も、私にとっては圧倒的に恐ろしいもの。私が粘土に惹かれる理由のひとつは、他の土と同様、粘土が腐敗の産物であるということです。私は全体的に、腐敗の生成的な性質や、腐敗がいかに猥雑に繁殖するかに興味があります。粘土を扱うとき、指の間に挟んでいるものが何なのかを考えないようにするのは難しいですね」。 

彼女が概説したコンセプトは、彼らが造形した2つのティーポットで特に前面に出ています:

椎骨の柄がついた白釉のものと、朽ちた表面と胴体に朽ちた動物が描かれた黒釉のもの。人間と動物の境界線を曖昧にし、異質でありながら親しみのある、奇妙で珍奇なもので満たされたワンダーカンマー(驚異の部屋)を歩いたときのような感覚を呼び起こします。

この経験は、ニスローが自分の美学について尋ねられたとき、こう答えたことに根ざしているのかもしれません:

「最も基本的なレベルでは、何かを見てそれを怖いと感じる経験と、何かを見てそれを美しいと感じる経験とを結びつけることができないんです」。

時に恐ろしい光景や経験から生まれる驚きの感覚を大切にすることを思い出させてくれます。

サスキア・ニスロウはミズーリ州カンザスシティを拠点とするクィア作家、アーティスト、教育者。作品は『The Banshee』、『Acropolis Journal』、『Travesties?Press、『Queer Little Nightmares:The Banshee』、『Acropolis Journal』、『Travesties?彼らの作品は、以下のサイトでもご覧いただけます。 siramuks.com またはInstagramとTwitterの@cronebroで。

ja日本語
%dブロガーは次のように言っています。