最初の大まかなニュースレター (Patreon)

以下は、初公開のBロードリー・スペシフィック・ニュースレター on Patreonを、パトロン開始を記念して公開しました。このニュースレターでは、Broadly Specificの成り立ちや今後の計画について説明していますが、ウェブサイトにも掲載するのが良いと考えています。今後のニュースレターはパトロン限定となり、このような形で掲載されることはありませんので、より多くの最新情報にご興味のある方は、ぜひご検討ください。 パトロンになる.ありがとうございます!

ブロードリー・スペシフィックのパトロン、読者の皆様、ご挨拶申し上げます!私はBroadly Specificの創設者の一人で、自称編集長のBondan Syamsuと申します。まず最初に、パトロンになってくださり、毎月のお小遣いの一部を当ウェブサイトの存続と成長のために使ってくださっている皆様に、心から感謝申し上げます。このような言葉は、クリエイターがクラウドファンディングを始める時のような堅苦しさを感じるかもしれませんが、後述する理由により、心からそう思っています。長くなりますが、ご容赦ください!でも、読んでくれてありがとうございます。

この最初のニュースレターは、公開投稿であり、パトロン・ニュースレターでどんなことをするのか、また今後の計画についての実験場であり、ティーザーのようなものになります。もしあなたが現在パトロンになっていないとしても、このメッセージを読むのに時間を割いてくれたこと、そしてウェブサイトを継続的に支持してくれていることに感謝したいと思うのです!ここにいてこれを読んでいるということは、ある程度気にかけてくれているということで、そのことに感謝します。 また、本ニュースレターの後半では、最もアクティブな貢献者であるTroy VimalasatyaとPia Diamandisの2人が、Broadly Specificを始めたきっかけや今後の計画について一言ずつ語ってくれますので、楽しみにしていてください! では、早速、本題に入りましょう。また、このニュースレターが少し行き当たりばったりな文章に見えるかもしれませんが、これは単に思いつきで書いたものであることをお詫びします!今後のメルマガは、パトロン様限定とさせていただきますので、このような更新をご希望の方は、ぜひパトロンをご検討ください!

ブロードリー・スペシフィックは、2022年1月3日に2周年を迎えました。そう、私たちの2周年です。私たちのことをずっと見てくださっている方ならお気づきかもしれませんが、昨年は1周年のお祝いはしたものの、今年は何らお祝いの投稿がないのが怪しかったのです。私たち自身は、誰にも負い目がないことは分かっていますが、それでも、記念日をスキップするほど長い間、行方不明だったことをお詫びしたいと思います。来年は、もっと大きな節目である3周年に向けて、うまくいけば、必ず何かを用意するつもりです!

私たちがウェブサイトとしてスタートした経緯やイベントのタイムラインについて、これまで「公式」なストーリーはありませんでしたので、パトレオン開始を記念したこの最初のニュースレターでは、それに光を当てたいと思います。ソーシャルメディア、特にInstagramで私をフォローしている方は、私が「インターウェブ」上でかなりアクティブである一方、いくつかのことをできるだけプライベートにしておきたいと考えていることをご存知でしょう。自分の顔をネットにアップしたり、個人的な情報を漏らしたりするのは好きではありません(現実的に考えて、私がそれほど引っ込み思案というわけではなく、ネット上での存在感がはるかに低い人も知っていますが)。しかし、私は現在22歳であり、トロイと私は19歳の時にBroadly Specificを立ち上げたことになります。もちろん、その年齢層から、私が大学生であったことはすでに想像がつくと思いますが、その詳細や私の人生に関する他のことは秘密にしておきたいと思います。

Broadly Specificの最初の企画は、正確には発売日よりもずっと前、つまり数年前からありました。子供の頃、そして10代の頃、私はいつもブログやエッセイを書き始めたいと考えていました。もちろん、それらは二度と日の目を見ることはないでしょう。どこにあるのか、私に聞かないでください。過去に留めておいたほうがいいものもあります。しかし、私がここで言いたいのは、私の考え、意見、文章を世界と共有するための創造的な火花は、それがどんなに貧弱なものであっても、常にそこにあったということです。

そして2019年になり、私は19歳になった。さて、私は優秀な作家ではありませんでした(今も優秀だとは思っていません)。しかし、少なくとも、ある程度の大学教育を受けたことで、学術的な研究や文章を書くことについての基本的な知識は身につけることができました。だから、もう少し "真面目 "なもの、少なくとも、もっと誇らしく、自信を持って自分の名前を付けられるものを作ろうと思っていた。2019年の12月、私は『Broadly Specific』の計画を練り上げた。その12月は、精神衛生上、人生で最も悪い時期の一つでもありました。何か恐ろしいことが起こる寸前で、ほとんど自己の感覚を失いかけていました。Broadly Specificは単なる気晴らしではなく、私の情熱と生きる意志の残りの一片を注ぎ込むことができる、生産的で豊かな、実際に目に見える方法が必要だったのです。そこで私は、自分の好きなことを好きなように書けるウェブサイト「Broadly Specific」を作ることにしました。映画のサイトでもなく、特定のカテゴリーでもなく、どんなアートやトピックについても書く価値があると思います。もちろん、いきなり食べ物のことを書くわけではありませんし、私がどれだけ広範なことを書いているかは承知していますが、もし食べ物の中に何か意味のあるものと交差する角度があるのなら、なぜそうしないのか。

トロイと私は高校時代の友人でした。私たちは高校時代、決して仲が良くなかったし、実際、高校時代に丸々1回しか会話していないんだ。正直なところ、高校時代、最初は彼のことが嫌いでした(トロイさんごめんなさい)。しかし、卒業後、ソーシャルメディアを通じて友達になり、私たちはつながっていて共通点が多いことを発見し、私たちの会話はユーモアから意味のあるものまでトーンが跳ね上がることがあります。また、トロイが優れた作家であり、非常に知的な人物であることは当時から知っていましたし、彼が自分のブログを持っていて、自分が面白いと思うことを何でも書いていたことも覚えています。その時、彼をBroadly Specificの立ち上げに招待することは正しい選択だと思いました。

とにかく、最初からホームページに全力投球し、ドメインを購入し、レイアウトをデザインした。ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、現在のウェブサイトはすでにバージョン3.0であり、私たちのウェブサイトは徐々に美観を高めてきました。正直なところ、現在のバージョンでかなり快適に落ち着いているので、デザインを次のレベルに昇華させることができる実際のウェブデザイナーを雇う余裕がない限り、もう変えないかもしれませんね。私はデザイナーではありませんから。今のバージョンが、私の考えるベストだと思っています。Broadly Specific」という名前は、このウェブサイトの核となる哲学を凝縮したもので、幅広いトピックやさまざまなクリエイティブな媒体から取り上げるが、その選んだトピックから何か特定のものについて書くというものである。もちろん、一般的な研究の仕方はこうですから、画期的なことではありませんが、それにしても、私はネーミングが苦手なんです。Broadly Specific」は、互いに矛盾するオキシモロンという意味もあるのですが、なぜでしょう?わからない......ただ響きが好きなんだ......ハハ。ロゴも年々進化していますが、ミケランジェロの「アダムの創造」に落ち着きました。神の形は人間の頭脳や工夫を表すものであり、神性とは人間自身の自己反省である...というような意味が込められているのが気に入っています。

私たちの最初の記事は、以下の記事でした。 ウォン・カーウァイ監督作品「忠孝急行.そのようなものを書くのは初めてでした。私の最初の経験は、すべて下手な映画評を書くことでした。今でも自分は文章が下手だと思いますし、中京新聞の記事には不満が残りますが、自分にとっては大きな前進となりました。ブロードリー・スペシフィックの立ち上げ間近に発表された、私たち初の「バイラル」ヒットは、次のようなものでした。 ベンガワンソロ:インドネシアの民謡はいかにして第二次世界大戦後のアジアの時代精神になったか?.その記事の成功は、今でも畏敬の念を抱かせるものです。私は、「ベンガワンソロ」という曲を複数の映画で聞いた後、その曲について調べていて見つけた興味深い現象について書いただけで、あれほど多くの人に届くとは思ってもいませんでした。その記事の読者数は現在11,000人近くになっていると思いますし、Broadly Specificの最初のフォロワーの多くは、この記事から生まれたものです。その記事のおかげで、驚くべきことも起こりました:今でもBroadly Specificを支持してくれている多くの人に会えたし、研究者や大学が記事を宣伝してくれたり、2人の学者がインドネシア語に翻訳してくれたり、Wikipediaに出典として引用されたり(笑)。

このニュースレターをこれ以上長引かせたくないので、多くのことを省略させていただきます。ぴあのようなBroadly Specificの貴重な貢献者に出会えたこと、2020年に特別なハロウィン月間があったこと、他の記事もそれなりに成功し、いくつかは他の著作にも引用され、言説に真の貢献をしたこと、ポッドキャストを始めたこと、等々です。COVID-19のパンデミックは、私の執筆に多少の恩恵を与えてくれました。閉じこもって一人で過ごすことが多かったので、『Broadly Specific』のために何かを作ることは、最初のうちは難しくありませんでしたし、インスピレーションはよく湧いてきます。 パンデミックが起こらなかったら、『Broadly Specific』は埃をかぶった個人的なプロジェクトの1つになっていたかもしれませんね。

また、あることについて正直でありたいと思います。私はBroadly Specificを「量より質」と表現したいことがあり、多くの読者と話したところ、これは反響があり、記事と私たちの活動期間の間に長い間隔を期待しているとのことでした。しかし、真実はそれほど単純ではありません。他の投稿者の方々は、もちろん忙しい合間を縫っての活動ですから、私がとやかく言うことではありませんし、常に活動してくれることを期待しているわけでもありません。私にとっても、それは単純なことではありません。もちろん、忙しい時期もあるし、他のことに時間を割けない時期もある。でも、私は「気になることがあれば、どんなに忙しくても時間を作る」という考え方の持ち主で、締め切りを待たずに記事を書いた時期もありますし、それくらい気になることがあるのです。記事と記事の間隔が長いのも、Broadly Specificのミニヒータが長いのも、私のせいだと思います。私の最後の記事は、昨年の5月6日に公開されました。そして2021年以降、Broadly Specificは遅延と沈黙の期間を経験しました、このことをお詫びしたいと思います。現実の忙しさ、ライターズ・ブロック、うつ病が混在していることがほとんどだと言えます。突然アクティブになるとか、そういうことは言えませんが、現実的な問題があってもBroadly Specificで活動するために最善を尽くしていること、そしてそれがゆっくりとしたプロセスであることを知っておいてください。

ブロードリー・スペシフィックは、私の人生の軌道を有意義に変えてくれたことは間違いありません。2周年記念を祝えなかったことを後悔していますが、もっと頑張って、来年は素敵なお祝いができるようにしたいと思います。今年のプラス面は、 一般的なポッドキャスト は今年、かなりの数のエピソードをリリースしました。まだ物足りなさは残るが、それでももっとエピソードを録画したい。

というわけで、最初のニュースレターコーナーの最後に、Broadly Specificの将来とこのパトレオンの役割について、頭の片隅で考えていることのいくつかを紹介したいと思います。今後のニュースレターでは、より具体的な計画や発売日などをお伝えする予定ですが、これはあくまで個人的に考えていることを大まかにお伝えするものです。

まず、映画以外の私の情熱のひとつはゲームです。ビデオゲームだけでなく、TTRPG(卓上ロールプレイングゲーム)の熱心なプレイヤーでもあり、ダンジョンズ&ドラゴンズをプレイするのが好きです。つまり、もっと詳しく見るべきだと感じたゲームについて、取材や執筆を始めたいと考えています。Broadly Specificはすでにトピックが「広い」し、映画から建築まで幅広いトピックについて書いているので、通常はこれを発表する必要はまったくないのですが。また、これをBroadly Specificのサブディビジョンとして独立させることも検討しました。しかし、私は、このゲーム です そのようなことをするのは、このメディアに対する冒涜であり、侮辱であるかもしれません。また、ビデオゲームで表現されるテーマや物語を学術的かつ分析的なレンズを通して扱う、アクセスしやすいゲーム研究は、YouTubeの優れたビデオエッセイのようなフリンジもの以外には、かなり不足していると思います。私が知らないだけかもしれませんが、この分野で私なりの貢献ができればと思います。基本的には、Broadly Specificの特徴であるゲームについての「ディープダイブ」になるのでしょう。ご期待ください!

次に、ポッドキャストのエピソードをもっと公開したいとも思っています。通常の座談会形式では、寄稿者の方々の多忙なスケジュールと合わせる必要がありますし、一緒に取材するテーマが重なってしまうこともあります。したがって、私は、もっと多くの座談会形式を作りたいと考えています。 ポストウォッチブルースの初期に見られるオーディオエッセイ のエピソードや、私自身のソロポッドキャストエピソードを作成します。このソロポッドキャストは、「The Broadly Specific Podcast」のバナーの中にある別のシリーズになります。今のところ、「Lonesome Prattle」と名付けようと思っていて、単に私一人が面白いと思うことを何でも話すというものにしようと思っています。そうすれば、たとえ録音できるのが私一人であっても、ポッドキャストは続けられるでしょう。もし、ソロのポッドキャストが面白いかどうか、ご意見やご感想がありましたら、ぜひお聞かせください。また、座談会形式の「B.S映画部」のトークに興味がある方は、いつでもゲストを募集しています。

最後に、将来についての大まかな計画と、パトロンの位置づけについてです。上記の2つの計画は、できる限り早く実行に移しますが、ここに記す計画は、具体化するのに時間がかかります。ポッドキャストで音声の領域に入りましたが、映像も作りたいと常々思っています。ですから、もっと先の話になりますが、いずれはYouTubeのチャンネルを持つことも視野に入れています。これまで書いてきたエッセイを「映像化」していく予定です。パトロンについては、私たちの数が増え、ツールやソフトウェアに費やす余分な収入を得ることができたら、そしていつか、これを実際のアルバイトとして扱うことができたら、Q&A、コミュニティショーケース、映画(および他の媒体)クラブ、そして、ライブストリームや公開討論など、パトロンでより活発に活動したいと思います。ライターやコントリビューターが増えるのは素晴らしいことですが、私は新しい人に敏感なので、単純に誰かを取り込むことはしたくありません。しかし、そのための投稿システムもあれば最高です。

残念ながら、まだしばらくは実生活で部分的に忙しくなりますが、忙しいスケジュールの中でBroadly Specificのための物作りに合わせて頑張っていこうと思っていることをお伝えして、このコーナーを終わりたいと思います。また、映画のウォッチャーとしてフォローしてくださっている方には、まだ新しい映画の深堀りをリリースしていきますので、完全に廃止されることはありませんので、ご安心ください!私の情熱の一つですからね。それでは、私からは以上とさせていただきます!長いニュースレターで申し訳ありません。今後ともよろしくお願いします。いつもありがとうございます!次のコーナーは、寄稿者の方々からの情報です。

トロイ

Broadly Specificの共同設立に携わった人物として、この界隈では悪名高いトロイ・ヴィマラサティアです。Bondanのコーナーでは、Broadly Specificとは何か、なぜBroadly Specificなのか、その基礎固めをしてくれましたので、このコーナーでは私自身のことを少しお話ししようと思います。

私はつい最近、イギリスで学士号を取得した建築学科の卒業生です。僕は高校の最後の年まで、建築に関連することをやりたいと思ったことはなかったんだ。確かDezeenで素敵な建物の写真を見ていたのですが、何のプロジェクトだったかは覚えていませんが、その時、進学先で建築を目指すことを即決しました。もし、高校3年生の時にこの決断をしていなかったら、コンピューターサイエンスや数学、法律など、さまざまな専攻を考えていたことでしょう。読者の皆さんから見れば、私が今話したことが、どのような形で皆さんの役に立つのか、まったく理解できませんよね。でも、この小さな出来事が、私の性格や人格に少しでも光を当て、私をもっと知ってもらうきっかけになればと思います。

私とBroadly Specificの将来を考えると、建築とデザインの専属専門家、ライター、スピーカー、思想家など、何でも屋としての地位を固め続けたいと考えています。建築について書き続けるつもりですが、それに加えて、Broadlyの他の活動(ポッドキャストなど)にも貢献し、他のテーマ(映画など)にも少し手を広げたいと考えています。今後、私の記事を読んだり聞いたりすることができることを祈っています。

ぴあ

皆さん、こんにちは!私がBroadly Specificに投稿を始めたのは、退屈のどん底にいた頃です。当時は、美術史の学士号を取得するために合理的な美術館の仕事をしていましたが、私を惹きつけ、栄養を与えてくれるものではありませんでした。私は常に与えるばかりで、受け取っていなかったのです。Broadly Specificは、私が逃避して好きなことを書き、同年代の仲間とアイデアを出し合い、さらなる洞察を得ることができる場所となったのです。ここでは、何よりも成長(と実験)がとても重要なのです、 可能.

Broadly Specificの最初のアプローチは、純粋に現代アートについて書くことでした。私は、自分が共有し、共感できるビジョンを持つ若いアーティストと仕事をしたかったのです。彼らの作品について深く掘り下げた記事を書くのは難しいことでした。というのも、彼らの作品については、私が参照できるような資料がないことが多いからです。私の経歴から、彼らがどこから影響を受け、どのように特定のトピック、スタイル、またはメディウムについて議論することを想定しているかを注意深く追跡する必要があると感じました。今後もこのような記事を書いていきたいと思いますし、著名なアーティストの記事も書いていきたいと思います。

それに加えて、Broadly Specificは、他のコミュニティで見られるような虚勢やエゴの戦いがあまりなく、オープンに映画について話すことができる最初の場所の1つでもありました。Broadly Specificの人々は、冷静沈着で、情熱的でありながら、クリエイティブなメディアが生きる社会の大きな文脈に根ざしています。この経験とともに、私のキャリアは、ホラー映画、特に、ちょっと話しただけで奇異の目で見られるような派手な映画へと、有機的に変化していきました。

私は最近、映画と現代アートにおけるボディホラーの未来についての論文で表彰されましたが、私は職業生活において、アートと映画というちょっと奇妙なカクテルにさらに飛び込むことを目標としています。Broadly Specificでは、それは可能な限り質の高いものになると思います。

ja日本語
%dブロガーは次のように言っています。